×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水出しコーヒー

写真:水出しコーヒー

水出しコーヒーは、常温の水で抽出するコーヒーのことで、ダッチ・コーヒーともいいます。ダッチとはオランダのことです。

17世紀のオランダ領インドネシアでは、苦みやえぐみの強いロブスタ種が栽培されていたために、水(低温)による抽出方法が考案されました。

通常コーヒーは、お湯で抽出しますが、水出しコーヒーは、1分間に1滴のゆっくりとしたペースで水を落としていきます。熱を加えないことによって、コーヒー本来のコクや香りだけを抽出し、雑味や苦みの少ないコーヒーをつくることができます。おおよそ、約8時間ほどで、非常に美しい澄んだ色のコーヒーが4人分ほど出来上がります。

水出しコーヒーは、カフェインなど刺激成分が少なく、深いコクがあり、酸化もしにくいのが特徴です。さっぱりとした味わいで、長時間保存しても味が落ちません。苦みの強い、深煎りのコーヒーで飲むのがおすすめです。

ふれあいの水出しコーヒー

写真:アイスコーヒー

厳選した無農薬栽培豆を炭焼焙煎した、香り豊かな味わいの水出しコーヒーです。カフェインの少ない健康的なコーヒーをお客様に飲んでいただきたいという気持ちから、提供を決めました。

ミルで挽いた無農薬栽培豆をじっくりと一晩かけて水で抽出しているため、口当たりがよくさっぱりしたコクのあるコーヒーに仕上がっています。夏の定番アイスコーヒーは、コーヒーをそのまま固めた氷を使用しているので、時間が経っても、まったく味が薄まりません。

また、スイーツ看板メニューのカフェ氷は、丸く固めた氷とふわふわの氷ともにコーヒー味。甘い練乳が溶け合うと、カフェオレ味に変化します。

カフェインが少なくお子様でも安心の、体に優しいふれあいの水出しコーヒーを、ぜひ一度お試しください。